脇肉補正ブラの感想

脇肉誘導ラブリーシェイプの感想は「かなりきつめ。締める力が強過ぎな気が…サイズのせいなの?」

脇肉誘導と脇肉ブラを愛するものにとって、目を輝かせてくれるような素敵なキーワード。

そのキーワードを持つのが、ラブリーシェイプ。

買わずにはいられません!

ラブリーシェイプが到着~

ラブリーシェイプを買いました

袋から取り出しましょう。

ラブリーシェイプ

少し光沢のある感じです。

どこかこの輝きを目にすることで期待が増してきます。

デザインはすごくシンプルなタイプで、これはこれで好きなタイプ。
クールビューティーな雰囲気を身にまとうような感んじがあります。

悪く言えば個性が無い、ですが飽きの来ないシンプルさは良いところ。
長く愛用していくことを考えると、飽きのこないというのは意外に重要ですからね。

ただ欲を言えば、どこかワンポイントでアクセントとなるものがあるとまた違った雰囲気で楽しめたのかな~なんて思いました。

選んだ脇肉誘導ラブリーシェイプのサイズはMサイズ

胸のサイズと選んだ脇肉誘導ラブリーシェイプのサイズをはじめに紹介です。

こんな感じです。

購入時の測定サイズ

  1. アンダー:73
  2. トップ:78.5
  3. 脇肉誘導ラブリーシェイプのサイズ:M

サイズでもわかると思うんですが、胸は小さいです。

事実なので、それでいいんです。

カラーへの感想は「本当はラブリーシェイプのオリエンタルブルーが欲しかった!」

脇肉誘導ラブリーシェイプのカラーバリエーションはブラックのみ。

なんて思ってたんですが、実はブラック以外にも、

  • ミルクティベージュ
  • オリエンタルブルー

他に2種類のカラーがありました。

私はほんとはオリエンタルブルーが良かった!

ラブリーシェイプのオリエンタルブルー

ラブリーシェイプのオリエンタルブルー
※ブラジャーの名前はラブリーシェイプって書いてあるんですが、カップのデザインだったり少し違うような気もしています。

なんで選ばなかったのか、それはラブリーシェイプのセットアップショーツでオリエンタルブルーが無かったから。

組み合わせを合わせたかったんですがブルーのショーツが売り切れってね。

ブルー過ぎないブルー。
明るくもあるし、落ち着いた印象もある。

大人なブルーといった印象で、かっこいい女な雰囲気が醸し出されるように思いました。
かっこいい、というスタイルが好きなんですね。

上下セットだとさらに印象は研ぎ澄まされるような。

あーブルー選びたかったです!

ついつい嘆いてしまいます。

気を取り直して、結局選んだのはブラックになります。

正直その想いがどこかにあったので、ラブリーシェイプ実物を手にした時もブルーが良かったなぁ…なんて風に思ってしまいました。

しつこいですよね。。。わかってるんですが。

一番気になる!ラブリーシェイプを着用してのシルエットへの感想は「ちょっと強すぎやしませんか(涙)」

ラブリーシェイプのシルエットに関する感想はというと、なかなか強かったかなというのが感想ですね。

これはサイズなのかもしれないし、それでもなおラブリーシェイプのキュッと抑える力は強いなと思いました。

上の写真がラブリーシェイプ着用後、シャツを着た状態。

シャツのシワで少々ややこしくしていますが、どこに圧が加わっているのかわかるんじゃないかなって思います。

こちらはシャツ無しです。

腕上げちゃってる状態です。
腕上げることでお肉が伸ばされてる、上に引き上げられている状態ですね。

なのでラインもキレイかなというのがこの写真。

腕を下すと最初のシャツを着たようなシルエットになります。

腕を下すと上がってたお肉が下りてくるから。

ただラブリーシェイプの整えるパワーは非常に強力なので、お肉が下りるとともにブラに乗っかかる。
それだけ締めが強いってことです。ブラが接している箇所にはかなり強力な抑えが効いています。

そのためデコボコする感じです。

これからラブリーシェイプをという方はワンサイズ上げて選ぶと良いと思います

これからわかるのはラブリーシェイプの整える力とキープする力は抜群だってことです。

ただ今回私のような結果になったのはそもそもサイズが小さかったからだと思います。

感覚的には普段着けているブラジャーのサイズよりもワンサイズ上げたラブリーシェイプを選ぶのが吉だと感じました。

そうすることで、整える効果とキープする効果をちょうど良い具合で満喫できると思います。

ラブリーシェイプの素材への感想は「めっちゃ好き!」

ラブリーシェイプの素材の感じはめっちゃ好き!

質感としてはつるつるなめらかな感覚でした。

肌に当たる感覚は優しく、心地よいもの。

くう~っと気持ち良くなりましたね。

ラブリーシェイプだけでなく合わせてショーツも購入したんですが、ショーツも同様になめらかで優しい触り心地。

ラブリーシェイプとセットのショーツ

結論めいた感想ですが、ラブリーシェイプのブラジャー自体はもう使わないかなぁって思っているんですが、ショーツは別!

これはリピするくらいに気に入っています。
なめらか優しい感覚は履いててかなり心地よいです。

ショーツは引き続き愛用しますね。

ラブリーシェイプのホールド感への感想は「強力ですね!」

ラブリーシェイプのカップはふっくら立体構造

カップは立体構造になってて、かなりしっかりしてます。

ここにしっかりと脇肉からグイグイっと集めて、寄せて、流し込むことになります。

流し込んだ胸に対するカップのホールド力は強力に感じました。

このカップの上部に注目。

ラブリーシェイプのホールド力

この部分が少し内側に向いているようで、上部でもしっかりバストを留めようとしてくれます。

結構大事なポイントで、胸のボリュームがあるとこの箇所が窮屈に感じるかもしれません。
特にデコルテまでふっくらした胸を持っている方はちょっと検討した方がいいかなって。

胸の上部が抑えられるようになるので。

私みたいに、元々が小さく、寄せて集めてボリュームを作る場合このポイントが留める役割としてちょうどいい感じに活躍してくれると思います。

ホールド力についての感想をまとめると、かなり強力だと思いますね。

ラブリーシェイプへの感想をまとめると「ホック付きがおすすめかな」

じゃあ最後にラブリーシェイプへの感想をまとめます。

一言で言い表すと、

補正力は非常に強力ですね!

ほんと強力です。

私は、アンダー:73でラブリーシェイプはMサイズを選んでいます。

これが着るのにも一苦労でしてw

ホックなしを選んだので足元からグイグイグイと胸まで上げて着るスタイルでしたが、結構きつかったですね~。

バックの伸縮性は良いんじゃないかなと思いつつ、サイド部分は伸縮性は低い?という印象を受けました。

よくブラジャーの伸縮性を示す写真とかで腕を入れて左右に伸ばして「高い伸縮性!」みたいなの見たことありません?

ラブリーシェイプで同じようなことをしようとすると結構力が必要でした、グーっとしっかり力を込めなきゃいけない。

その分、しっかりとサイドのラインを整えるというメリットにもなっているのだろうとも思ってます。

これがラブリーシェイプの補正力やホールド力を支えているんでしょうと。

ですがホック無しだと着るのに苦戦する可能性は高いでしょう、実際苦戦しましたのでw

ラブリーシェイプの特徴から、ホック付きを選んでおいた方が着やすいだろうなという結論に至りました。

ラブリーシェイプの強力なラインメイク力に対してポジティブな印象を持ち、購入を検討している方にはホック付きがおすすめしたいですね。

関連してもうひとつ。

伸縮性はあんまりかなと思っているのでそもそも選ぶ際にはサイズをワンサイズ上で考えるというのも経験者としてお伝えしたいことです。

これは色んな口コミを見てもらえればわかると思います。

意外にも同様のコメントをされている方多いです。

ワンサイズ上がいいかもってね。

補正力は非常に強力なのである程度の締め付け感はあるものだと思います。

悪いじゃなくって、そういった理由もあるからそれをふまえてサイズを選びましょうということをお伝えできればと思います。

ABOUT ME
hekemarichan
下着が好き。特に脇肉補正ブラが好み。スッキリできるからね。最近だとデザインも豊富で補正下着でありつつ着心地抜群のものも多いのでおすすめ。実際に着たブラや気になっているブラについて脇肉補正ブラ好きの視点で感想を言っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。