脇肉補正ブラの感想

ナーレのノンワイヤー盛りブラはノンワイヤーだけどサイドボーンを使って安定感と快適性をうまく組み合わせますよね

ナーレのノンワイヤー盛りブラはノンワイヤーだけどサイドボーンを使って安定感と快適性をうまく組み合わせますよね

今日はTwitterで知ったナチュラルテイストな補正ブラをピックアップです。

ランジェリーブランドのナーレさんからのノンワイヤー盛りブラについて、補正ブラ好きの目線で補正ブラとして「いいね!」なポイントを挙げての下着トークをしたいなって思います。

もう、ブラジャーの名称に含まれてる特徴があるんですがこちらノンワイヤーのタイプです。

補正ブラを選ぶとほとんどがワイヤータイプで、わたしが手にしている補正ブラのほとんどがワイヤーありだったりします。

ちなみにですが、わたしもワイヤーは谷間部分に当たることが多くって苦手だったんです。だけど、今じゃワイヤー有りとは言ってもストレスなく軽いフィット感で着ていられる補正ブラも多いのでワイヤーの有無問わずトライしてほしいですね~。

さて戻りましょう。

今日ピックアップの補正ブラはノンワイヤー盛りブラです。

特徴はなんといってもノンワイヤーだということ。なんだかんだと軽い心地で着けられるノンワイヤータイプは好きです。40代にもなるとね・・・体の弾力性はどうしても下がっちゃうから、ワイヤーの感覚ってすごくダイレクトにくるんですよね。合わない場合はほんとしんどい。我慢できないんですよね。わたしはスタイルアップが任せられる補正ブラが好きだけど、いくらスタイルアップ効果が高くとも着ていてつらいというのはありえないんです。

さっきワイヤーありでもノンストレスで着ていられる補正ブラもあるよ!なんて明るいことを言いましたが、わたしの胸に合わないワイヤーももちろんあります。合わない場合はいくら買ったとはいえ、二度と着けることはありません。我慢できないからね。

その点、ノンワイヤータイプの補正ブラはそのあたりのフィット感は気にせずにいられるので選びやすいな~と思ってます。人におすすめすめしやすいですね。

だけど、やっぱりワイヤーがあることの安定感は違うなって思います。ピタッとフィットした時のバストのサポートやハミ肉の抑制の安定感は頼りになりますから。長時間の着用でも安心できるし、キープできるのはやっぱり大きなメリットだなぁと感じます。

ノンワイヤーだけどサイドにはサイドボーンあり

ノンワイヤーだけどサイドにはサイドボーンあり

サイドにサイドボーンがあります。ここは注目ポイントだなって思います。

ノンワイヤー盛りブラという名称からも分かるようにバストのホールドを特徴としていますよね。だけどノンワイヤーということで、やっぱりワイヤーありと比べるとサポート力は少し劣るわけで、いわゆる横流れが起こるのは想像できるところ。

動いたり、長時間着用しているとどうしても横流れが起きちゃうだろうなってね。だけど、そこはサイドのサイドボーンでピタッとサポートする。ここで大きな横流れを抑えて、フロントでのキープに一役買っているんだと思います。

サイドボーンでノンワイヤーの弱さを補う感じ。あくまでもバストを流さないためのってね。

ノンワイヤーであることで、補正ブラとしては着心地の軽さを一番に考えたんだろうなと推測します。バストに対してはノンワイヤーで接して軽さを感じてもらいながら、下着本来の目的にあるホールド力やサポート力については、他のパーツ徹底する、そういったブラジャーのメリハリのある1枚だと思います。

デザインがドット柄ぽくって可愛い

わたしがナーレのノンワイヤー盛りブラに注目したのは・・・実はデザインのナチュラルさ。ドット柄で可愛さあり。シンプルだから飽きないし、年齢問わず違和感なく着られる雰囲気に惹かれました。

ドット柄っぽい花柄だけだとそこまで良いなぁとは思わなかったんです。

サイドのシースルーを活かしたラインがすごく良いアクセントじゃん!と思いまして、ノンワイヤー盛りブラの後ろ姿を見てほしいんです。

ラインがすごく良いアクセントじゃん!

可愛いやわらかさとラインによるスマートさ。すごくお洒落な雰囲気が漂いませんか?そう、ナーレのノンワイヤー盛りブラはわたしとしてはバックスタイルに魅力を感じてます、フロントも可愛いですよ、でもあるといえばあるデザイン。

後ろ姿のおしゃれ感。見えないところをおしゃれに決める、この雰囲気がいいな~と思ったんですよね。

カラーバリエーションは5つですが、中でもネイビーが好み◎ブラックでもいいかな。

ABOUT ME
hekemarichan
下着が好きです。特に脇肉補正ブラが好み。スッキリできるからね。最近だとデザインも豊富で補正下着でありつつ着心地抜群のものも多いのでおすすめ。実際に着たブラや気になっているブラについて脇肉補正ブラ好きの視点で感想を書いています。